| Main | All | Next

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
【サイト更新】改装したよ
前橋文フリありがとうございました(いつのことでしょう)
新刊通販してません(ごめんなさい)
ブログそろそろやめたほうがいいんじゃない?(それな)

思っていたものができず、志半ば感の強いサイト改装になりましたが、まぁそれっぽくなったので良いです。

ジェイクエリーとか何使ってたっけ?

とか

ウェブフォントのタグどれだよ

とか

久々の改装はとても大変でした。

僕はいつまでもアンチ・ワードプレスでいたい。
スポンサーサイト
更新情報 | comment 0 | Top ↑
前橋文学フリマのための前橋ガイド(雑)
今週末に迫った文学フリマ。
初めてのサークル参加!初めての前橋開催!
グンマー民としてはやはり文学フリマを楽しむのと同じくらい、前橋を楽しんで欲しい!!

とゆーことで、数年前まで前橋で働いていた私がオススメする前橋ご飯屋さん中心ガイドです!

数年前の記憶なので、(雑)がついてます。気になるお店はぜひググろう!!

会場から大体近いやろ順に並べておきます

○フレッセイ
会場の下にある。文房具なんかもちょこっとある。惣菜豊富!

○喫茶こまち
アーツ前橋という美術館方面の入り口を出て左に直進。馬場川通りに出ると左手二階にあるよ!
コーヒー美味しい。カレーも美味しい。リーズナブル!1〜4名くらいで行くのが◎

○麦亭
スパゲティ屋さん。単品スパゲティがもりもり。おいしい。大体1,000円くらい。カウンター、テーブルあり。キャパは広め。

○西洋亭 市
ソースカツ丼のお店。ボリューミー。付け合わせやお味噌汁が美味しい。座敷席もある。レトロな外観なので入りにくさはあるけど、おっさんがガンガン入って行くので気にせずに入ろう。営業時間に注意。

○タイ料理屋「セマクテ」
移転との情報あり。馬場川通りのお店でした。

○紅茶スタンドさん
移転して駅から近くなったはず。紅茶もホットサンドも美味しい。土日はホットサンドが品切れになることも。

○パナス
国道50号線を渡った先のインド料理屋さん。店員さんがフランク。味は濃い目で美味しい。ナンおかわりできるよ。

○ヤギカフェ
会場から結構遠い。とてもレトロで味のある飲屋街の中にある。ここは通っていいんだろうかって道を行く。メニューがどれも美味しい。ママとの会話で前橋情報を入手できるかも。キャパは少なめなので大人数で行く時はご注意を。

○ジョイフル
安さ圧倒的。ファミレス。
大人数でおしゃべりしたいならここ。
近隣で希少なコンビニ、セブンイレブンも近くにあるぞ。

数年前の記憶を辿ってみました。ちょっと曖昧ですが。どこも私がヘビロテしていたお店なので、美味しさは間違いないですよ!他にも美味しいお店、ラーメン屋さんとか、老舗レストランとかもありますが、ほんとキリがないので割愛。

ここからはプチ前橋情報でーす。

○銀行がめっちゃ少ないぞ!!
グンマーは群馬銀行とゆうちょしか使わないの?ってレベル。文フリ会場からは三井住友銀行のATMがあるくらい(お隣は群馬銀行です)、前橋駅には三井住友かみずほのATMがあったはず。または事前にお金を降ろすが吉!

○会場付近はコンビニがないぞ!
駅前のビル「エキータ」一階にセーブオンがあり、県庁方面に向かうとセブンイレブンがあります。コンビニはあんまりないです。車やバス圏内にはゴロゴロ。

○車は通行ルートと駐車場の確認、公共交通機関は時刻表チェック!
駐車場がたくさんあるけど満車になってることが多いぞ!お買い物すると駐車券を出してくれるケースがほとんどだから、提携先も併せて確認しよう!
一方通行が多いので、ナビか何となくの確認はしよう!タクシーがたまにブチ切れるぞ!
電車はマジで本数が少ない!都会の人はいつものノリで電車乗ると死ぬ程辛い目に合うぞ!

○電車で行くなら
新宿からバスタで高速バスか湘南新宿ライン。
湘南新宿ラインは籠原で止まる事もあるから、進行方向後ろの車両に乗るといいよ!

前乗りして余裕があるなら、北千住か浅草から東武
スカイツリーラインライン(東武伊勢崎線)の「特急りょうもう号」もオススメ。専用ホームから特急券と乗車券が必要だけど、スカイツリーを眺めながらグンマー入りするのも楽しいよ!
栃木経由なので、前橋まで行くのは大変だけど!!

○グンマー名物
割と前橋で食べられそうなもの編

・焼きまんじゅう
・登利平(鶏めし弁当)
松竹梅のランクがあるけど、安いやつも充分美味しい

前橋駅近くのエキータがまだ閉店してないなら!!
一階で地元名産品が売ってるぞ!!!駅ナカのキオスクにもな!!お土産にどうぞ!!!

(雑)に恥じない雑さです。
それでも、僕の心にあるのは前橋とグンマーを満喫して欲しい、ただそれだけです…。
パスポートを忘れると強制送還なので気をつけましょう。
更新情報 | comment 0 | Top ↑
前橋文学フリマ ア-05です!アゴ!
わー久しぶりの更新。
オンライン、オフラインともに更新です。

前橋文学フリマで初めて作った本を販売します。
友人との合同サークル「カラスと金平糖」です。
3月26日です。日曜日です。よく間違えます。

「騙し討ちの記号論」文庫24P 300円

あらすじ書くの下手くそマンなので、色々なところに放り投げたやつを見てください。
よろしくお願い申し上げます。

文学フリマのウェブカタログ→カラスと金平糖

サンプルをあげるほどの文章量じゃないというか、どこをどうしたらサンプル足り得るのか全然分からないので、前日譚的なものをあげます。

サンプルというかオムニバスと称しています。今後、オフライン活動はネットの掌編と連動して作っていくことになります。

オムニバスおよびオフライン→#000000文庫

作中作なのか、作中なのか、果たしてこれはフィクションなのかノンフィクションなのか。多重構造、入れ子構造が大好きなのでこんな風になりました。トラウメンツとしてやった展示もこんな感じでしたね。好きなんですね。

そんなわけで「騙し討ちの記号論」もそんな枠組みで作っております。インセプションと構造が似ているかもしれませんね。テーマ的なところが。最近、Huluで観たんです。3回目。それで、あれこの夢のあれは(ネタバレに配慮しています)あれかな(ネタバレに配慮しています)、インセプション的なところでいうあれ(ネタバレに配慮しています)をわたしは拙作に影響受けているかな?と思いました。

内容は全然SFでもないし、重厚なストーリーも拙作には存在しませんので、パクってはいません。もうこれ大事なところなので。最近、盗作炎上とかよく見るので、これだけは言っておきたいと今思いつきました。

これがインセプションの盗作だったら、ドグラ・マグラのヤフー知恵袋のやつの方がよっぽど似てるわ。もしくはペーター・ハントケの「監査役員会(たしか独題こんなの)」とか。太字にしてでもここが言いたかったので許してください。

ペーター・ハントケの「監査役員会(たしか独題こんなの)」は「Sudden fiction (2) (文春文庫)」に掲載されているんですね。すっ飛ばして読破し、お風呂で水没させた悲しき1冊だったので忘れていました。あとで読み返そうと思います。

とまぁ、こんなブログ記事のような本を出します。不条理なのでしょうか。不条理について考えすぎてしまった私には、これが不条理と呼ばれるものなのかどうかも、もはや分かりません。とりあえず宣伝でした。
更新情報 | comment 0 | Top ↑
網掛けみたいなお話を更新しました
3ヶ月ぶりです。
いつだってブログを更新したい気持ちで溢れている。

毎度おなじみ、更新情報です。

掌編「雨が降っている街

モチーフがもちろん雨なのですが、また構想中の長編のテーマでもあります。まぁ陽の目を見ない気がしてきたので、小出しにしようと思って書きました。

わたしは短編やいろいろな人が交錯するようなお話構成が好きなので、そんな感じでしました。すごい語彙力のなさ。そして誰にも気づかれないのも寂しいので言っちゃいますが、何人かの視点を階層別で乗っけています。色変えてわかりやすくしようかとも思ったんだけど、色変えるのを忘れました。そういう雑さもぜひ楽しんでください。

このお話のメインは群衆です。群衆の雑念と思考なので、色々盛り込みました。盛り込みすぎて見えなくなりましたが、まぁそれはいいかなぁと。読みものじゃなくなってしまったけれど、満足です。

使用した写真は、著作権諸々フリーの写真をお借りしています。残念なのは、写真を撮る技術が拙すぎて自分で撮影したものを使えなかった点です。そして休みがなかった点です。イエス社畜。

色々とお話を書いているので、早くお披露目できるようにしたいです。そして次こそは広告が出る前に更新しよう。

いや〜しかし年をとると時間の流れが早くなるっていうのは本当ですね。しかしながらそれを体感していない私は、そんな先人たちの経験を今日も無下にするのであった〜。




更新情報 | comment 0 | Top ↑
書くことはどこまで苦痛なのか
こんにちは、また光陰矢の如しでございました。

4月。4月。年度変わっちゃったよ。とんでもねえな。

そして今3時。不眠ここに極まれり。

仕事に比重を置いてしまい、ぜんぜん創作できないですね。レジンに手を出したいとか、色々やっちゃあいるんですが、私のスッカスカのクリエイティビティ脳がどんどん縮小を始めています。

もはやない。皆無。永遠のゼロ。どんなに足しても足しても永遠にゼロ。悲しいね。映画化した同名小説は読んだことないんですが、どういう意図でそのタイトルになっているのかは気になっています。調べる努力を惜しむ程度に。

楽しいとは楽なのです。楽している時は楽しい。つまり書こうと必死になって、もがいている今の私にとって書くことが楽しいわけがないのです。

私の中のあぶくのような物語がもっともっと弾けていきますように。あー悲しい悲しい。仕事を理由にかけないかけない。セルフハンディキャッピング、ここに極まれりだ。

ーーー

ということを打っていて、朝6時にバカバカしくなって寝ました。

家事をががっと片付けたい。でも寝たい。そもそもお腹痛くて動きたくない。怠惰な休日。へへへ・・・。



創作について | comment 0 | Top ↑
| Main | All | Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。